季節のあいさつ文 夏 手紙 お礼状 夏の季節のあいさつ文の書き方一覧

夏の季節のあいさつ文【8月の季節のあいさつ文】エントリー一覧

夏の季節のあいさつ文【8月の上旬(初旬)の季節のあいさつ文】
残暑がいっそう身にこたえる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。蝉しぐれが心地よいのはうたた寝のときだけです。この暑さどうおしのぎでいらっしゃいますか。立秋を過ぎてからは夜はだいぶ暑さが和らいだようです。暦の上では立秋を迎えましたが、この暑さは一向に衰える気配がございません。真夏の日差しがぎらぎらと照りつける日が続いております。暦の上では立秋となりましたが、日差しの強さはいっこうに衰えを見せません。
夏の季節のあいさつ文【8月の中旬の季節のあいさつ文】
眠れぬ熱帯やが続いていますが、いかがお過ごしですか。暑気耐えがたき毎日、身も心もぐったりとしております。朝晩には心なしか涼しくなってきたとはいえ、日中の日ざしはいまだ肌に焼けつくようです。暑さもようやく峠を越したようですが、いかがお過ごしでしょうか。暦の上では立秋を迎えましたが、いまだ残暑の厳しい毎日です。
夏の季節のあいさつ文【8月の下旬の季節のあいさつ文】
窓外より聞こえてくる虫の音に、しだいに秋の気配を感じる頃となりました。厳しかった暑さもさすがに峠を越したようです。処暑を過ぎて、ようやく寝つきやすい夜を迎えることができるようになりました。窓の外に鈴虫の澄んだ音が響く時節となりました。いよいよ秋を迎え、過ぎ去る夏になごりを覚える今日この頃です。燃え盛る夏の日ざしも、ようやくやわらいできたようです。